読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

developer_RYO’s blog

スマホアプリやPCゲーム、音楽やイラストを自由気ままに作っている人の技術ログです

音符データの構造体を目をこすりながら作った

こんばんワン。


本日は、作成中の音ゲーについて、音符にどのようなデータがあればいいかどうかを考えた。
コードについては、こちらのサイト
■音ゲーをつくろ~ ♪(^^)♪
を参考にして、考えておりました。

作ろうとしている音ゲーでは、音符の属性なんかを入れようと思っています。
イメージとしては、音符を低音、高音、中音みたいに属性分けして、
低音モードのボタンを押しながら、低音の音符をタップすると、コンボカウントが+2されるようなものです。
(ギターのようなイメージかな?)

サイトを参考に、構造体にしたのですが、もしかしたらクラスにするかもしれません。これ、どっちがいいのだろう。

//音符のデータを構造体にする。
struct Note
{
	//曲が開始してから、いつ入力したら正なのかのタイミングデータ
	float eTime;
	//何小節目か
	byte barNumber;
	//音符の属性
	byte noteType;
}